背中ニキビの予防方法はいっぱい!出来る前にケアしよう♪

背中は皮脂の分泌が多いため、顔と同様にニキビができやすい場所となります。

 

そんな背中ニキビを、普段の生活から予防と改善することができます。

 

 

ニキビができる原因は様々ありますが、原因として毎日の入浴の仕方が挙げられます。

 

入浴時に体を洗いますが、シャンプーやコンディショナー、リンスの洗い残しが原因でニキビができることがあります。

 

洗い残しが毛穴に詰まってしまうと、成分によっては炎症を起こしてしまいニキビとなってしまいます。

 

 

洗う順番としては、頭を初めに洗って体を最後に洗うと良いです。

 

お風呂から出る前にはしっかりと体をシャワーで流して洗い残しがないように注意しましょう。

 

お風呂上りは乾燥しやすいため、様々な肌トラブルの原因となるため、保湿ケアは顔だけではなく背中も行うようにしましょう。

 

 

ニキビ予防として、背中を常に清潔に保つ必要があります。

 

パジャマや肌着は、こまめに洗濯して綺麗にしておきましょう。

 

寝具も毎日使うものなので、汚れる前にシーツや布団は洗濯を行うようにしましょう。

 

汚れたままにしていたり、何週間も洗濯をしていない状態だと汚れを餌にしてダニが繁殖してしまいます。
ですので、洗濯以外にも掃除機で吸って清潔にすることが大切となります。

 

睡眠不足もニキビができやすい原因の一つのため、普段から睡眠をしっかり取るようにしましょう。

 

睡眠時間の他に、睡眠の質も重要となります。

 

睡眠の質を落とす行動として、寝る前にコーヒーやたばこなどの脳が覚醒してしまうものを身体に取り入れてしまうことがあります。

 

たばこは、寝る前の数時間前には吸うことを控えたほうが良いでしょう。

 

また、たばこは肌にも悪いため、なるべく吸うのを止めたほうが良いです。

 

コーヒーに関しては、カフェインが体内に何時間も残ってしまうので、夕方以降の摂取は控えたほうが良いでしょう。

 

他に睡眠の質を上げる方法としては、アイマスクと耳栓を使用ます。

 

睡眠中は、わずかな光や音でも眠りから覚醒してしまうため、光と音を遮ることで深い眠りにつくことができます。
アイマスクと耳栓はドラッグストアや百円均一でも販売されているので、おすすめとなります。

 

 

身体のデトックスを行うことで予防することもできます。

 

身体に毒素が溜まってくると背中ニキビの原因となります。

 

 

自宅で出来る簡単な方法としては、半身浴があります。

 

半身浴を行うことによって、代謝が上がり老廃物の排出を促進するため、ニキビのできづらい身体になります。

 

 

このように、背中ニキビの予防方法はいくつもあります。

 

それだけ、背中ニキビの原因も多いということです。

 

背中ニキビの予防方法を取り入れて、出来る前からケアを行っていきましょう。