背中ニキビと普通のニキビは違う!その違いを知っていますか?

背中は、顔と同様皮脂の分泌量が多い部分ですので、ニキビができやすく多くの方が悩まされています。

 

実は背中は、ニキビが出来やす部分でもあるんです。

 

背中ニキビは、顔にできるニキビとは原因が違います。

 

背中ニキビに悩み、きちんとケアをしていても
「なかなか治らない・・・。」
というのは、実はケアを間違っているからかもしれません。

 

顔のニキビとは、原因が違うのですから、同じケアをしていてもいけないんです。

 

背中ニキビ原因をしって、専用のケアを行いましょう。

 

 

そもそも背中ニキビの原因とは??顔のニキビとは違う?

背中は手が届きにくく、洗い残したりシャンプーやリンスのすすぎ残しも起きやすいのも背中ニキビの原因とされています。

 

通常のニキビは、洗顔の回数を増やしたりニキビ用の化粧品を使うことで改善する症例が見られます。
ですが、背中ニキビは、顔のニキビに比較して治りにくいのが特徴です。

 

胸や背中にできるニキビは、通常のニキビ以外にカビの一種が原因で起こることがあります。

 

皮脂を好むカビが増えることで、ニキビのようなできものが増えます。

 

そのため、ニキビと勘違いしやすいですが、原因の場合は抗真菌剤を使った治療で改善することがあります。

 

また、ホルモンバランスが崩れても背中ニキビができることがあります。
ですので、規則正しい生活やバランスの良い食生活をするのがポイントです。

 

背中は、衣類で蒸れやすいため、顔と比べると不衛生になりやすいことも背中ニキビを悪化させる原因として知られています。

 

衣類は、なるべく天然素材の蒸れにくいものを着用し、刺激になりにくいタイプを着用すると良いでしょう。

 

また、洗濯用の洗剤や、柔軟剤が影響を与えることがあります。

 

ですので、できるだけ添加物の入らない洗剤や柔軟剤を使うことも得策です。

 

例えば、洗濯用の石けんや、柔軟剤の代わりにクエン酸や衣類のリンスを使うなど、肌への刺激に配慮した製品を使いましょう。

 

そうすることで、背中のニキビが改善する症例もあります。

 

ボディーソープが肌に合わないと、背中のニキビができることがあります。

 

ですので、合成の石けんではなく、純せっけんやオーガニックのボディソープなどを使いましょう。
肌の汚れを優しく落とすようにするのが良いでしょう。

 

顔のニキビの場合、皮脂が出ていて部分的に、かさつくことがあります。

 

ですが、背中は顔よりも皮膚が丈夫ですので、それほどかさつきに悩まされることはありません。

 

皮脂は、顔同様分泌量が多いですので、日常の入浴で落としきれない角質は、エステティックサロンのピーリングの施術が効果的です。

 

エステティックサロンでなくてもピーリング剤があれば、定期的に自分で行うことができます。

 

ピーリングは肌のたまった角質をはがす効果があり、肌のターンオーバーを助ける働きがありますので、ニキビが気になる場合は定期的に使うことをおすすめします。

 

顔のニキビと異なり、清潔を心がけ、ターンオーバーを正常化することで大抵の背中ニキビは改善することができます。

 

このように背中ニキビは独特の原因があります。

 

ですから、ケアを行う時は、専用のケアを選ぶようにしましょう。