日焼けするとニキビの原因に?背中の紫外線対策していますか?

夏場になりますと水着を着てプールや海に行ったり、バーベキューなどの楽しい行事がたくさんあります。

 

そんな中、胸や背中を大きく開けた服を着る人が目立ちます。

 

そのような服を着て、いつの間にか日焼けをしてしまったという話も少なくはありません。

 

ですが、日焼けによって背中ニキビになることもあります。

 

では、なぜ肌が焼けると背中ニキビができるのでしょうか?

 

 

紫外線がニキビの原因に?

 

日に焼けると、お肌の表面の角質が熱くなり水分が少なくなってしまいます。

 

すると、毛穴がどんどん小さくなっていき皮脂が詰まっていきます。

 

そうすることでニキビができてしまうのです。

 

これは背中においても同じです。
水着や薄着などで、背中が日焼けすると毛穴が詰まる傾向にあります。

 

「夏に背中ニキビができやすい!」
という人は、紫外線が原因かもしれません。

 

ニキビになると日に当たったほうがいいという話を耳にしたことがある人もいるかもしれません。

 

ですが、これは紫外線による殺菌効果によるものです。

 

ニキビの原因でもあるアクネ菌は紫外線に弱いのは確かなのです。

 

ですが、紫外線は肌を老化させてしまうので、効果があるのは一時的で、余計にニキビを悪化させる恐れがあります。

 

 

では、どのような対策が効果的でしょうか?

 

一つは保湿です。

 

日焼けをしますと、お肌は乾燥した状態になります。

 

乾燥した状態を放置しますと、お肌は乾燥させないために皮脂を分泌させます。

 

 

ですが、過剰分泌になってしまい、ニキビの原因になります。

 

紫外線をたくさん浴びた日はしっかり保湿ケアをしましょう。

 

 

また、体を洗う時も注意が必要です。

 

刺激や洗い残しで、さらに悪化させることになるからです。

 

 

基本的に正しい洗い方は頭を先に洗い、下へ洗うように顔、肩、背中、足の順番で洗うようにしましょう。

 

洗うときも柔らかい清潔なタオルで洗うようにし、刺激を与えないようにします。

 

特に背中は、タオルなどでゴシゴシと洗いがちです。
背中ニキビの原因となりますから注意してください。

 

 

刺激物や甘いものを食べますと、余計に皮脂が分泌されてニキビが悪化します。

 

おすすめはビタミンCです。

 

皮脂の分泌をコントロールし、シミやしわ、美白効果があります。

 

できてしまったニキビ跡の改善にも効果があります。

 

柑橘系に多く含まれてるので、紫外線をたっぷりと浴びた日は積極的に摂りましょう。

 

 

また、日ごろから紫外線対策は必要です。

 

悪化させないためにも日ごろから日焼け止めをつけましょう。

 

海やプールへ入るときは2時間ごとに塗りなおさないと効果がありません。

 

それ以外でも大体3時間ごとに塗り直しが必要です。

 

特に夏場は、汗ですぐに落ちてしまうので、こまめなケアが必要です。

 

それ以外でもUVカットのシャツを着たり、日傘をさしたり目からも紫外線は入ってきてシミやしわになるので、サングラスをするなど徹底的に紫外線対策をしましょう。

 

背中は、手が届きにくいので紫外線対策をおろそかにしがちです。

 

しかし、背中にもきちんと紫外線対策を行うことで背中ニキビ対策につながります。