生理と背中ニキビの関係性。生理前にニキビができやすい人必見!

ニキビといえば顔にできる肌トラブルというイメージがありますよね。

 

ですが、意外と背中ニキビに悩んでいる方も多いんです。

 

 

特に女性の場合、生理前になると背中にニキビが出来やすいという方が多いと言われています。

 

生理とニキビ、関係性が無いように思えますが実は、大きく関わりがあるのです。

 

女性は、体の中でエストロゲン・プロゲステロンという、2つの女性ホルモンが分泌されています。

 

 

エストロゲンは、女性らしいハリツヤ感のある肌を作るホルモンです。

 

一方、プロゲステロンはというと皮脂分泌を増やしてしまうホルモンと言われています。

 

生理が終わった後はエストロゲンの分泌量が増えるので、肌トラブルも起こり難いようです。

 

ですが、排卵した後は生理になるまで、プロゲステロンの分泌量がグンと増えます。

 

生理前、プロゲステロンの量が増える事で背中だけでなく、顔など皮脂分泌が多い部位はニキビが出来やすい状態になってしまうのです。

 

 

意外と知られていませんが、背中は顔に負けないくらい、皮脂は多く分泌されています。

 

 

日頃から皮脂が出やすい部位なんです。

 

にも関わらず、生理の前になるプロゲステロンの量が増える事で、さらに皮脂分泌が増加すると毛穴が皮脂で詰まってしまい結果、ニキビが出来やすくなってしまうという訳です。

 

このように、生理前の背中ニキビは女性ホルモンの、分泌バランスが変わってしまう事で起こります。

 

いつも生理の前になるとニキビが出来やすいという方は、日頃から背中をケアしておきましょう。

 

 

背中の毛穴に皮脂や汚れ、古い角質が溜まらないよう、しっかり洗う事が大切です。

 

ただ、毛穴の中をキレイにしたいあまり、ゴシゴシ擦ってしまうと肌へのダメージからさらにニキビが悪化してしまったり、色素沈着など他の肌トラブルを招きやすくなるので注意が必要です。

 

 

また、顔同様、背中も保湿ケアすればニキビが出来にくい肌質へと、変化するケースがあります。

 

肌が乾燥していると古い角質が溜まりやすく、毛穴詰まりからニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

背中は顔のように化粧水をパッティングして保湿する事は難しいので、スプレー式の化粧水を吹き付けるなどして保湿ケアがおすすめです。

 

もちろん、スキンケアだけでなく体の中からも対策する事も重要です。

 

生理前になると甘いお菓子を食べたくなりますが、あまり食べ過ぎてしまうと皮脂分泌が増えてニキビが出来やすくなってしまいます。

 

全く食べないという事もストレスになってしまうので、ほどほどの量を食べるよう心がけましょう。