ニキビケアにオロナイン。効果が期待できるのは〇〇ニキビだった!

皮膚の病気には、オロナインが何でも効くイメージですよね。

 

パッケージに記入されている効果・効能には、ニキビや吹き出物、やけどやあかぎれなどが書かれています。

 

ニキビと書かれているということは効果が期待できるということです。

 

ニキビケアに、オロナインを使う前に、どのように効果があるのか知ってから使いましょう。

 

そうすると、より効果的に使うことができますよ。

 

 

特に背中ニキビは、お手入れが行き届きにくいですよね。

 

背中ニキビが、できたことに気がついた時には、悪化しているときもあります。

 

そのため、身近にあるオロナインでニキビを改善できたら皮膚科に行く必要もなくお手軽ですよね。

 

 

オロナインが効果的なニキビとは?

 

 

オロナインには、強力な殺菌作用を持ったグルコン酸クロルヘキシジンという成分が含まれています。

 

この成分が、背中ニキビのもととなるニキビ菌を殺菌してくれると考えられます。

 

 

ニキビには、いくつか種類があり、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビがあります。

 

 

白ニキビは、毛穴の中に角栓が詰まって、皮膚の表面に白く盛り上がった状態です。
つまり、まだ炎症を起こしていない状態です。

 

 

黒ニキビは、毛穴の外に出てきた皮脂が外気の汚れが古くなった角栓と混ざり合って黒くなったものです。

 

 

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビが悪化してアクネ菌が増殖して炎症を起こした状態を言います。

 

 

オロナインには、殺菌や消毒効果があることから、赤ニキビの状態の時に効果を発揮します。

 

 

アクネ菌によって炎症を起こした状態に対して、殺菌能力を発揮してくれます。

 

 

このことから、炎症を伴わない白ニキビや黒ニキビには、効果があまり期待できないと言えます。

 

 

赤ニキビは炎症を起こしているものなので、炎症を取り除く効果が期待できます。

 

 

背中ニキビに塗るときは、赤ニキビに塗ることが効果的だと言えます。

 

 

また正しい使い方をしなければ、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。
ですので正しい使い方を知っておく必要があります。

 

ニキビの原因となるアクネ菌やマラセチア菌は新鮮な空気を嫌います。

 

なので、オロナインを塗った後にとれないようにと絆創膏などで密封してしまうこと避けましょう。
背中ニキビを悪化させる可能性があります。

 

 

塗った箇所に、絆創膏やガーゼをあてる時は、通気性をよくすると良いでしょう。

 

 

背中ニキビ対策として、効果的な塗り方は、お風呂上りなどの清潔な状態のお肌に塗ることがおすすめです。

 

「量を多く塗ったら、高い効果が得られる!」
というわけではありません。

 

ですので、ちゃんと決められて容量を塗るようにします。

 

塗りすぎて、毛穴をつまらせてはニキビの原因となってしまいます。

 

 

オロナインを使用してからの効果には個人差があります。
しばらく使用して効果があらわれなかったり悪化した場合は、皮膚科で相談するようにしましょう。

 

もしくは、背中ニキビに特化したケア用品でケアをすることもおすすめです。