あなたは正しい入浴ができていますか?背中ニキビの原因かも・・・。

背中ニキビができてしまうのは、普段の入浴の仕方が良くないのが原因の場合があります。

 

入浴は、日々行うものですよね。

 

間違った入浴方法を毎日行っていると、背中ニキビはなかなか治りません。
さらに、どんどん背中ニキビができてしまう原因にもなります。

 

そこで、背中ニキビができにくい正しい入浴方法を知っておきましょう。

 

 

背中ニキビ予防のために心がけたいこととして、まずシャンプーのタイミングです。

 

お風呂に入ったときに、どの順番でシャンプーをしていますか?

 

最初に体を洗い、最後に頭を洗うという流れになっている人は要注意です。
この順番で行ってしまうと背中ニキビはできやすくなります。

 

 

頭から出た皮脂や整髪料、シャンプー自体の成分がニキビの餌となってしまうんです。
それでは自らニキビを作っているようなものですよね。

 

普段から、そういった順番になっているようでは、背中ニキビができてしまうのも無理はありません。

 

ですので、最初に頭を洗って、最後に体を洗うようにしましょう。

 

背中にシャンプーや石鹸、汚れなどを残さないようにしましょう。

 

 

続いて、心がけたいことにすすぎを入念に行うようにすることです。

 

 

特に、コンディショナーは髪に残留しやすい傾向があります。
ですので、すすぎ残しが起こってしまうことがあります。

 

 

そして、髪の長い女性の場合ですと、コンディショナーの成分が付着した髪が背中に触れてしまうこともあります。
それが原因になることがあるのです。

 

 

そうした原因を取り除くには、しっかりとすすぐのが基本です。

 

そもそもコンディショナーは、しっかりとすすいだとしてもその効果が失われることはありません。
指通りの良さやサラサラ感はキープされますので、入念に流しても問題はありません。

 

 

中途半端なすすぎになってしまうのが良くありません。
ですので、時間をかけて流すようにした方が良いでしょう。

 

 

入浴の際に大事なこととしては、他にも湯船にしっかりと浸かるようにすることです。

 

お風呂の入り方として、少なくないのがシャワーだけで済ませてしまうことです。
ですが、これでは体の汚れは十分に落とせません。

 

特に背中というのは皮脂の分泌量が多く、毛穴にも汚れが詰まってしまいやすい傾向があるところです。

 

シャワーだけになっている場合ですと、毛穴も開きませんので汚れが溜まったままになってしまいます。
そうした汚れも背中ニキビの原因になります。

 

 

なお、湯船に浸かる場合は温度にも注意が必要です。

 

 

熱過ぎるお湯に入ってしまうと交感神経が活発になり皮脂が出やすくなってしまいます。

 

また、肌も乾燥しやすくなりニキビをできやすくすることがあるのです。

 

 

お湯の温度としては39度くらいが良いとされています。
温度にも気を配って入浴をした方が良いでしょう。

 

正しい入浴方法を知って、背中ニキビをこれ以上作らないようにしましょうね。