背中ニキビはニベアで治るのか?徹底検証!

「背中ニキビを治すのにニベアが効く!」
と噂になっていますよね。

 

ニベアで、本当に背中ニキビが治るのでしょうか?

 

本当に治るのかどうか、背中ニキビの原因から探ってみましょう。

 

 

背中ニキビは、肌の乾燥や睡眠不足、疲労、精神的ストレスなどの、いくつかの原因が複合的に作用して発生しています。

 

 

強いストレスを受けると、交感神経が活発になり、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。

 

 

自律神経が乱れてしまうと、本来のホルモンバランスが乱れ、皮脂分泌が促進されたり、毛穴の縮小を引き起こす性質のある男性ホルモンが分泌されることで、毛穴に角栓が詰まってしまい、内部に多量の皮脂が閉じこめられ、白ニキビが発生してしまいます。

 

 

通常、白ニキビは放っておいても自然治癒することが多いニキビです。

 

ですが、皮膚にあるマラセチア菌という常在菌が入り込むと、大量の皮脂を餌にして、どんどん増殖してしまいます。
毛穴内部に炎症が生じてしまい、赤ニキビへと悪化してしまいます。

 

 

背中ニキビは、軽症であれば保湿を行い、ストレスの少ない生活習慣をおくることで、自力ケアすることも可能です。

 

 

特に、シャンプーに含まれているシリコンが、毛穴のつまりを促進する原因ともなってしまいます。
ですから、ノンシリコンのシャンプーに変えることもおすすめです。

 

 

また、ビタミンCには、皮脂の過剰分泌を抑制する作用があります。
そのため、ビタミンC誘導体を含有している化粧水をしようするのも、予防や改善には効果的です。

 

 

 

最近では、ニベアがニキビや毛穴のつまりに効果があると評判になっています。

 

 

ニベアは、ドイツの化粧品メーカーが1900年に新しい乳化剤を発明し、それを使ったクリームを製品化したものです。
1911年に発売され、日本では1968年以降製造販売されているクリームです。

 

 

日本でも人気の全身用クリームで、国民的クリームといってもよいのではないでしょうか。

 

 

そんなニベアの主要成分は、スクワラン、ホホバオイル、クエン酸などの保湿効果が高いもので、保湿以外にも肌の保護や整肌効果などがあります。

 

 

そのため、肌のターンオーバーや皮脂バランスを整える効果もあります。

 

 

ニベアは、高級クリームと同じ成分が使用されています。
肌のキメが整い、毛穴が目立たなくなり、皮脂バランスを整えるという作用があるため、ニキビに適しているといえます。

 

 

ニベアには、油分がふくまれています。
ですから、ニキビに本当に効果があるのか不安に思っている人もいるかもしれません。

 

ですが、肌の乾燥が進むことで、肌の防御反応から、皮脂を排出して、肌を乾燥から防ごうとしてしまいニキビができてしまいますから、保湿を行うために効果的です。

 

 

クリームの油分によって、肌が保湿され、皮脂を出して乾燥を防ぐ必要がなくなりますから、皮脂が治まってきます。

 

 

ただし、使いすぎには注意が必要です。

 

毛穴を詰まらせることで、ニキビの原因ともなります。

 

 

「ニベアで背中ニキビが治せる!」
というよりも、どちらかというとニキビの予防に効果があるようです。

 

 

残念ですが、ニベアだけで背中ニキビを治すことは難しいでしょう。

 

 

背中ニキビは、病院や、専用のケアで治しましょう。

 

ニキビが治ったら、新しいニキビができないようにニベアでケアするのがおすすめです。