あなたの背中乾燥していませんか?乾燥がニキビの原因かも!

ニキビができやすい部位のひとつに背中があります。

 

背中に、ニキビができやすい原因の一つに、背中は乾燥しやすいということがあります。

 

乾燥しやすいということはニキビができにくいと思われがちですが、実はそうではないのです。

 

そもそも、ニキビができる原因は過剰な皮脂によって毛穴が詰まってしまい、そこにアクネ菌が増殖することによって起こります。

 

皮脂が毛穴を塞いでしまうのは、皮脂が過剰に分泌しているからです。

 

ではなぜ過剰に分泌するのかというと、乾燥肌だからです。

 

皮膚が乾燥すると保湿成分が失われてしまうために、皮膚を保護するために皮脂が分泌します。
しかし、その際に分泌される皮脂が乾燥肌であるがために過剰になってしまいます。

 

そうなることによって、排出しきれなくなり毛穴を塞いでしまうわけです。

 

その結果が、背中ニキビです。

 

 

背中の皮膚は厚くて硬いので、いったんニキビができてしまうと悪化しやすく、跡も残ってしまうことが多いです。

 

そのため日ごろからケアしていくことが大切であり、もし背中ニキビができてしまったら、悪化させないことが大切です。

 

まず、汚れや余分な皮脂、古い角質を洗い流すために、ピーリング成分が入った石鹸が効果的です。

 

垢すりタオルのようなものでごしごし洗うと、刺激が強すぎて肌バリアを弱めてしまうことになったり、ニキビを傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

ピーリングを行った後は、しっかり水分補給することが大切です。
化粧水や乳液などによって丁寧に保湿するようにしましょう。

 

しっかりと保湿をすることによって保湿バランスが整います。
皮脂分泌も正常になって皮脂バリアを形成するようになります。

 

保湿成分としてノンオイルローションなどを、お風呂上りなどに水分補給をすることです。

 

このとき脂分の多いクリームなどを使うと、逆に毛穴を塞いでしまうことになりますので注意しましょう。

 

やはり、背中ニキビには背中ニキビに特化したケア用品を選ぶのがおすすめです。

 

また食べ物としては、ビタミンB群を多くとるのがニキビ対策に効果的です。
ビタミンB2やB6は皮脂の分泌を抑える働きがあります。

 

しかし、これらのケアをしっかりしているのに、なかなか背中ニキビが治らない場合はニキビではなく、他の皮膚疾患である可能性もあります。

 

やや光沢のある赤い発疹が毛穴に現れる場合はニキビではなくカビ(真菌)の増殖による皮膚疾患である可能性があります。

 

また細菌とは関係がなく、古い角質が肥厚化してブツブツが生じる場合もあります。
よくわからない場合は皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

 

"