背中ニキビの病院での治療とは?

手が届かずスキンケアがしにくい背中にニキビが出来てしまうと、なかなか治りません。

 

 

「人目にふれることが少ないから・・・。」
と背中ニキビをそのまま放置してしまう人も多いようです。

 

ですが、何もケアしないと色素沈着などニキビ跡になってしまうケースがあるので注意が必要です。

 

 

スキンケアが難しい背中のニキビは、美容皮膚科での治療で治すことも出来ます。

 

 

美容皮膚科は、一般皮膚科とは違い、美容医療が受けられます。

 

 

美容医療は、皮膚病を治す治療ではなく、より肌を美しく整える治療です。
ですので、背中ニキビも施術を受けることで、改善する効果が期待できるのです。

 

 

背中のニキビに対して美容皮膚科では、ケミカルピーリング、イオン導入、外用薬、内服薬などで治療を行うケースが多いです。

 

 

ケミカルピーリングは、古い角質を剥がす作用のある、特殊な薬剤を使う美容医療です。

 

 

背中は、意外と角質が厚くなりやすく、古い角質が毛穴を詰まらせることでニキビが出来やすいと言われています。

 

 

ケミカルピーリングを受けることによって、溜まっていた背中の古い角質を除去しニキビの治りを早めます。

 

 

また、ケミカルピーリングは皮脂分泌をコントロールする作用もあるため、皮脂詰まりで起こる背中のニキビにも有効です。

 

 

イオン導入は美容成分を肌の奥に浸透させ、美肌効果を発揮する美容医療となっています。

 

 

通常、肌にはバリア機能が備わっているので、美容成分をのせてもバリア機能の働きによって、肌の内部にまで浸透させることが出来ません。

 

 

イオン導入は肌に微弱な電流を流し、肌表面のイオンをコントロールすることによって、美容成分を肌の奥深くにまで浸透させる効果があります。

 

 

背中のニキビが気になるという場合は、皮脂の分泌をコントロールする効果のあるビタミンC誘導体を浸透させるケースが多いようです。

 

 

 

 

外用薬ではトレチノインという、ビタミンA誘導体を配合したクリームを処方されます。

 

 

ビタミンA誘導体は肌のターンオーバーを活発にし、古い角質をどんどん外へと排出する作用を持っています。

 

 

古い角質が落ちるので毛穴詰まりが解消され結果、ニキビも治りやすくなるのです。

 

 

内服薬ではビタミン類を処方されるケースがほとんどです。

 

 

毛穴に膿が溜まっているタイプのニキビでは、面皰圧出といって特殊な器具で膿を押し出す施術を行うクリニックもあります。

 

 

このように、背中ニキビの治療には色々な施術法があります。

 

 

背中のニキビに悩んでいるのであれば、まず美容皮膚科に相談する事から初めてみてはいかがでしょう。